「TE AITO」|星詩 忍者ブログ

星詩

『漕ぎ続けること』 漕ぐ楽しさや漕ぐことで出会える素晴らしさを伝えたい。

「TE AITO」

ビーナス岬に色鮮やかなカヌーが約400艇ビーチを埋め尽くす様に広がり、


いつもは柔らかな南国の風が吹くタヒチで、スタート前の張りつめた空気をひしひしと感じます。


調子も良く苦手としていたダウンウィンドウも去年よりもかなり上達し、スタートから今年は勝負すると決めていました。


スタートはいつも突然で、フランス語でしゃべるアナウンスがわかず・・・


いつでもスタートできる様に10分も前から集中していました。



気温は30℃以上、裸足でビーチにいると火傷しそうなくらい熱い。


毎年ビーナス岬から真ん中ぐらいでスタートするのを、今回は岬先端付近に位置を決め、それにより最初のダウンウィンドウから折り返しのブイまで直線で結べるような位置取りになり真後ろから波風を受けよりスムーズにカヌーを波に漕ぎ進める事が出来るからだ。



スタート


浜からカヌーを持ち上げ走る。


2列目に位置取っていた為、飛び出しは落ち着いて。


素早くカヌーに乗り、ダッシュを4チェンジぐらい入れて前に出る、まずは岬の影で波風が入らないフラットコンデション。


500メートル程漕いだ所から次第にうねりが入り風を感じ始め、漕ぎ進める内にうねりが徐々に大きくなり、サーフィン勝負が始まる。V1での波乗りの技術が格段に去年よりも上がり、一つも逃さずにサーフィンをしながら漕ぎ続ける。



3km程調子良く漕ぎ進み横一列に100人程の集団に入りここから今年の勝負が始まる。


風波、海、合わせながら『一つ前の波』に合わせる。


うねりにカヌーを合わせ波乗りしながらカヌーを走らせる。


波に乗ると3秒から5秒程15km/s〜20km/sの速度がでます。


その一瞬の速度を利用して前の波に繋げ、波を乗り継いで漕ぐ進める。


(oc1でダウンウィンドウする場合はこのパターンが主流だと思います)


速い選手はこの繋ぎのタイミングがうまく、2、3パドルで繋いで行きます。


そうするとダウンウィンドウの平均速度は15km/s以上のスピードで漕ぐ事が出来るのです。



『一つ前の波』


順位をさらに押し上げながら漕ぎ進める。


しかし・・・次第に前腕に違和感を感じ始めます。


波を漕ぎ繋ぐタイミングがズレだし、ズレた分をピッチで素早く修正する中で腕に負担がいってしまいました。乳酸で徐々に鉛のように腕が重くなり、そうなると一気に波に乗れなくなり、うねりの角度と合わせるのが精一杯。


ペースは一気にダウンし次々に前に出られ、焦りながらも冷静にまずはコントロールを重視し柔らかいリズムを刻みながらもう一度整える様に漕ぎ進める苦しい展開になりました。



最初の折り返しのブイまで非常に長く感じました。


漕いでも漕いでも前に進まない感覚、スタートからの前半は非常に辛い展開になってしまいました。




折り返してからは、10m/s以上の風が吹くアップウィンドウ。


本来はカヌーのコントロールが楽になるのでシンプルに漕ぐ力で勝負できるポイントになるのですが、ダウンウィンドウで腕をやられ思う様にペースを上げる事ができず。



腕を回復させながらペースを徐々に上げていきます。


アップウィンドウ中盤からやっと腕が回復漕ぎを切り替えてペースを上げて行きます。


快調に飛ばし、本来の漕ぎに戻りました。



ダウン、折り返しのブイを回ってアップスタート地点に戻り14km、そこから2周目に突入。


1周目の『一つ前の波』ではなく、うねり『合わせながらより長く波に乗る』少しポイントを変え漕ぎ進めました。



この2周目のダウンウィンドウは過去最高に波を乗り継いで行く事が出来ました。


無理に攻めるのでなく、常に海との繋がりを無くさず、海とカヌーと自分を一つに感じながら漕ぎ進むカヌーの大事な部分を教わりました。



折り返してからアップは猛烈にプッシュ!


前半体力を奪われてしまい、今までで一番苦しいラストスパート、体中が時限爆弾抱えたみたいに攣りそうになり、感覚と体を整えながら限界に近い所までプッシュ。



ここまでくると前を行く誰かを抜くではなく、『もう一漕ぎ、人に勝つより自分に勝つ』初めて漕いだ時に教わった言葉を考える事なく実践していました。



一漕ぎ一漕ぎ大事にゴールでは少し欲がでて前を追いかけてしまいましたが、その気持ちも大事だね。


28km2時間40分?240位でフィニッシュ。



今年も今の自分をうまくレースに当てはめる事は出来ませんでしたが、『今』のすべてをぶつける事は出来ました。


タヒチは今年も皆あたたかく僕らを受け入れてくれました。


強く優しいタヒチの自然と人々、その世界は本当に美しい。



タヒチみなさんも是非一度行った方がいい!



『来年は100位以内』に入ります。


すべてを繋ぎ合わせしっかり結果を出す事に集中して行きます。



タヒチでのすべてに感謝しています。


そして私をタヒチに送り出してくれた家族、職場、仲間。



いってきます、いってらっしゃい。


いってらっしゃい、いってきます。



僕はとっても幸せです。



生きているだけでぼろ儲けってのこのことね。



ありがとう。















PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

リンク

フリーエリア