星詩 忍者ブログ

星詩

『漕ぎ続けること』 漕ぐ楽しさや漕ぐことで出会える素晴らしさを伝えたい。

2014 8〜12




















 






みんなありがとう。
来年もどうぞよろしくお願いします!!


PR

2014 1~7
























 
















  

全日本SUP選手権大会

11月16(日)神奈川県三浦海岸で行われたSUPの日本選手権に参加させて頂きました。
今年のSUPレースとしては三戦目。
第一戦目はPADOBO グランプリ、第二戦目は茅ヶ崎のウォータマンリーグと一戦一戦に課題を残し、私個人のレースシーズンの最終戦としても気持ちの入った大会となりました。
 
当日は北の風も入りアップ&ダウン混じりの波乗りも楽しめる面白いコース。

スタートは浜からの一斉スタート
去年の全日本でスタート後に沈を連発してしまい、今年こそと意気込んだ気合いのスタートでまたしても沈・・・スタートから前を追いかける展開、左斜め前からの風を受けながら最初の一つ目ブイを目指します。
集団の後方から一人一人冷静に引き波を使いながら前へ。
最初のブイを回った所でなんとか10番手目ぐらいに上がり2つ目のブイを目指す。
真正面からの風となり、前の選手の引き波で時折休ませてもらいながら、一人一人前を目指し、
2つ目のブイを折り返した所で4番手、しかしトップ3は折り返して確認すると100M程離れ遥か遠く・・・ここからは真後ろからの追い風、追い波に乗り気持ちよくボードが滑らせ4位以下と差を広げました。
真後ろからのダウンを気持ちよく滑り3つ目のブイを回る。
今度は右斜めの風に押されながらのダウン。
うねりの角度と合わせ過ぎてしまうとコースから外れてしまうので、波に乗ったら右へ右へとボードを走らせます。
ここもうまく波に乗せることができ前との差を少し縮める事が出来ました。
それでも遥か彼方だけどね・・・

2週目に入り、前半押し気味に上げたペースを少し落ち着かせ一定のペースを保つように心がけます。(上げようと思っても上げれない。)
ペースを保とうとするも中々リズムが悪くなり、2週目最初のブイを目指す所では我慢、我慢の展開。
2週目の折り返しブイを回った所で5番手の吉田選手に追いつかれてしまいました。
内心焦りながらもペースを崩さないように心がけ漕ぎます。
そんな中で並んだ瞬間に吉田選手は「tomoさんに追いつくよ!」と僕に声をかけました。
その言葉に僕は心底、心を震わせられました。

スタートしてから回りは全員敵で一人でレースをしていました。
レース中盤リズムを悪くし後ろから迫ってくる選手達にプレッシャーを感じていました。
そんな中、吉田選手に追いつかれ並んだ時に「tomoさんに追いつくよ!」と一声。
その声を聞いた瞬間、世界が変わりました。
隣に並んでいる吉田選手は敵ではなく共闘し前を追う仲間でした。
この我慢の場面で人に声をかけれる吉田選手に人として選手としての格の違いを思い知らされ、
彼は間違いなく世界を見ている人だと感じました。

「僕が見ている世界はまだ狭いのだと」
吉田選手の一言の力で前に絶対追いつくと言う気持ちを強く持ち、100m程離れた三番手のtomo選手を出し惜しみなく猛追しました。
2つ目ブイを折り返しダウンウィンドウ最高に気持ちよく波になり続けます。
あっという間に三つ目のブイ、右斜めからのダウンもうまく乗り継ぎ前のtomo選手との差が縮まります。
四つ目のブイを回り残るブイは三つ、ひと漕ぎひと漕ぎに気持ちを込めました。
tomo選手との差を20m程の距離になった所で六つ目のブイを回り、最後のブイを目指す。
ここからは中々差をつめられず・・・15m程の距離で最後の7つ目のブイを回る。
少しミスをしてしまい大きく膨らみゴールの浜を目指しラストスパート。
その差は埋める事が出来ずも、なんとか去年よりも一つ上に行く事ができ4位でフィニッシュ。
(レース動画をkazuoTさんが作ってくれました、このレポートと一緒に見てもらえると面わかりやすいかも→https://vimeo.com/112373025 パスワード「twinstars」)

そして今回も素晴らしいHobie Stand Paddleboards のボードを提供頂いているソルティードックの矢沢さん
また会場で沢山の応援をくださったBEACH葉山のみなさん。
いつも応援を頂く全てのみなさんに感謝です。
ありがとうございます!
今年のレースはひとまず終了ですが、海を近くにある日々はず〜と続きます。

    




リンク

フリーエリア