陽気|星詩 忍者ブログ

星詩

『漕ぎ続けること』 漕ぐ楽しさや漕ぐことで出会える素晴らしさを伝えたい。

陽気

メジロが梅の木につがいで二羽 
花の蜜を夢中で啄んでいる
野生の警戒心なんてどこへいってしまったのだろうか


遠く うぐいす鳴く 
とぼけたうぐいす・・・
『ホーケッキョ』ときたもんだ

僕は彼らを
観る 見る 視る
  聞く 聴く 訊いたりもしてみる







だけども保たれる無関心な間柄


陽気に春が生る

































PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

目の前に春がきているんですね。

逗子や葉山の自然の中に春を見つけに行きたいです。

星詩さんのブログ、文学的でお気に入りです。

無題

茨木のりこさんの言葉に『詩は生る』と。
春はこちらとは無関心に春になり、また無関心に過ぎ去って行く。
過ぎ去る時の中で生命は生る。
生と死共に満たされ合うのだなと勝手に思います。

だから僕も時折無関心に生る。

言葉知らないけど、漢字かけないけど
表現できれば面白いな。

無題

茨木のり子さんの詩、いいですね。私は「自分の感受性くらい 」がお気に入りです。自分の感受性に対する自己責任?
他にあんまり知らないけど。笑。

無題

てるみさん
他も是非読んでみて
とってもいい

リンク

フリーエリア