kokua最終戦|星詩 忍者ブログ

星詩

『漕ぎ続けること』 漕ぐ楽しさや漕ぐことで出会える素晴らしさを伝えたい。

kokua最終戦

kokua最終戦に出場しました。
まだ冬の明けきらない寒い時期から大会を主催してくたteem kokuaに本当に感謝です。

今年って言ってもまだ四月ですが、本当に楽しませて頂きました。
ありがとう。

さて最終戦は沖に上って下るシンプルなコース×2のシンプルなコースで、
30艇ぐらい?計18k程のレースとなりました。

風はやや強い位で海もぽちゃぽちゃ程度、
スタートから前回強引なコントロールの反省から丁寧に水を掴み、カヌーを伸ばす。
途中、サーフスキーの引き並みや漁船が横切った波を利用したりとコントロールを重視しながらターンを目指す。サーフスキーの菊池さんがまず折り返し、前回のコクアと一緒でケニーと並ぶようにターン、そのまま折り返してダウンウィンドウ、乗れるような波ではありませんが、力を貸してくれそうな小波、前回はカヌーが波に振られたり等はないが、波の力を得る事はあまりできなかった。。。
今回はシート下にうねりのトップを合わせ続け、常にカヌーを押してくれるようなポジションにいるように波に合わせるが〜またしてもケニーは一瞬で見えなくなってしまいました・・・速すぎ。。。

その後は、少し進路が北寄りに上った為、そのまま下ると戻り進路がズレてしまう為、
右斜め後ろからうねりを受けるような感じで下っていきました。
少し一色側に流れてしまったが前回よりはかなりいい感じ。

下りを終え、えび島をターンし再度上ります、
今度は進路が変更になり風、波に対してまっすぐ上がるような進路。

上がりはまたコントロールを重視、しっかり伸ばす。
問題なくカヌーは走ります。

そして下り、同じようにシート下にうねりのトップを合わせ常にノーズが下向きになるようにカヌーを合わせます。
沈みすぎると(水に刺さると)失速またコントロールを失う可能性があるの前傾、後傾での細かな体重移動を入れながらカヌー漕ぎ続けました。

真後ろからのダウンとなり波を上手く乗り継ぐ事もでき、2回目の下りは尾ガ島辺りまではとっても気持ちよかったのに・・・
後ろから星穂にあっさり抜かれ、少しガっつきコントロールミス、立て直してヒデキで小波に乗ってそのままゴールし総合4位でフィニッシュ。

前回のレースと比べて、上りはカヌーも走りコントロールも丁寧いい感じ。
下りはまだまだですが、少しづつ遊べるようになってきたかな。

次のレースは湘南アウトリガーカヌーが主催するレースに参戦予定。

楽しんで行きます。


星詩
















PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

リンク

フリーエリア